くいしんぼうの毎日 カリフォルニアと東京編

chocolat15.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 28日

ご報告:無事出産、やっぱり無痛がヨカッタ

二ヶ月もご無沙汰してしまいました。。
切迫早産報告が最後の記事になっているとご心配をおかけしてしまいますよね。
ごめんなさい。

無事に出産して、日々二人育児に追われております!
予想以上に体力勝負で毎日ヘトヘトです。

結局、予定日5日遅れという、びっくりな(意外とよくある?)結果で産まれました。
2900g代の元気な女の子で母子ともに健康です。

次女は一ヶ月バースデーを迎え、現在1.5ヶ月歳です。

自分とまわりの予想を裏切らないスピード出産で、陣痛を感じてから約2時間で産まれました。
多分、体質に切迫早産症状が加わっての結果だったんだろうと。
臨月に入ってからは、医師と助産師に、何度も長女の時の分娩時間を聞かれ「4-5時間でした」というと、
「おそらく産気づいてからすごく早いから、陣痛の間隔が定期的にならずとも、腹痛感じたらスグ連絡するように!」と言われておりました。

夜中1時に「あーお腹痛いかもー」と目が覚め、前駆陣痛がこれまで何度もあったので、
「あーまたフェイントかー」と思って寝ようとしたら「あ、割と痛いな、下痢かしら?」とトイレに行くと、
おしるしが。
「あーキタキタ」と病院に電話して、あれこれ伝えたら「スグ来て!」と言われ、
家から車で10分ほどの病院に着いた頃には陣痛5分間隔。
「一応、診察します」と言われても診察台に上がれないくらい激痛。
助産師さんが「もう入院決定なんで、というか産まれそうだから、分娩室行きましょう」と。

2時間出産で何を言う!と怒られそうだけど、初の普通分娩はとっても痛かったです、ハイ。
陣痛中、「やっぱり無痛がいいです」と言いそうになりながら、
そういやここは無痛分娩できない病院だったなーなんて考えつつ。
「もういいので、お腹切ってもらえませんか?」と何度言おうとしたことか。
不思議なもので、もうその痛みは忘れつつあるんですけどね。
(だから何度も産めるのだろう)

もう出産予定はとりあえずないのだけれど、もし機会がありましたら迷わず無痛を選びます、私は。
でも入院環境は比べものにならないくらい日本がいいです。あくまで私の場合ですが。
退院したくないくらい快適でした。言葉の問題もあるのでしょうか。

二人産んで、無痛でも普通でも分娩し、
アメリカと日本の病院、どちらも入院経験できたのは貴重な体験。


細々書きたいことが山ほどあって、
もう一年前になってしまうアメリカ生活&旅行ネタもまだ残っているのに、
ブログを更新する余裕がありませぬーーーーー。
でも辞めはしないのでどうか末長いお付き合いを!!!!!

人気ブログランキング
[PR]

by chocolat1515 | 2015-07-28 14:41 | 東京:妊娠/出産


<< Instagramはじめました      切迫早産のその後と人生初のベビ... >>