くいしんぼうの毎日 カリフォルニアと東京編

chocolat15.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画/本( 8 )


2012年 04月 03日

面白かった本:2012.1-3月

食べもののことばかりではなく、本のことももっと投稿したいのだけれど、
どうも書評というか本の感想が昔から苦手で。
面白かった本を人を薦めるもネタばらしをしてしまったりと
不得意極まりなし。。
仕事を辞めてから本を読む時間を容易に多く確保できているのは喜ばしいこと!
書評・感想はこれから練習するとして、
最近「あーおもしろかった!」と心から言える本ベスト5。

歴史再勉強がマイブームなので、歴史系多し。。
本屋さんに行くと歴史ブームまだまだ続いていますね。
過去を振り返ると、景気が悪かったり世に閉塞感が漂うと、
歴史ブームが定期的に来るそうです。
不確実なものばかりのなか「歴史」は揺るがない確実なものですから、
そこから人は学ぼうとするのでしょうか。
基本、物事は未来も含めて不確実ですから、
誰もがわかっているその事実と向き合えないくらい不安になる人が増えると歴史ブームが来るとも言えるかな。

リアリストの作者が自分の前世を追ってヨーロッパまで旅立つストーリー。
現実とは思えぬ偶然の重なりには驚きだけでなく感動すら!

前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って (知恵の森文庫)

森下 典子 / 光文社


ご存知、齋藤先生の本。
情報としてしか捉えていなかった歴史の事実をその背景や流れとともに面白く解説してくれます。
「へー!ほー!」の連続。常に「なぜ?」を念頭に物事を捉え考えなければいけないとあらためて痛感させてくれます。日本史バージョンも面白かったです。
ざっくりシリーズはこの他にも(美術史、西洋思想)とあるので引き続き読んでいきたいと思います。

齋藤孝のざっくり!世界史 (祥伝社黄金文庫)

齋藤 孝 / 祥伝社


齋藤孝のざっくり!日本史 「すごいよ!ポイント」で本当の面白さが見えてくる (祥伝社黄金文庫)

齋藤 孝 / 祥伝社


私はこういうドロドロしたネタが好きですw
歴史上の人物の裏話(ゴシップ?)ネタ満載です。
ちょっと中傷するようなネタでも「どんな偉人も人だったのよねぇ」と親近感が湧きました。

危険な世界史

中野 京子 / 角川グループパブリッシング


着付け教室でよく出て来る茶道のお話。
「●●は、お茶席だとこうなります」「お茶の世界では●●のようです」とよく先生がいうので、
茶道にまつわる本を探していたらこの本に再会。
(以前、読みたいと思ってメモしていたけど忘れていた)
今さらながらこの大ヒット本を読んで森下さんにはまり、
上記「前世への冒険」も読んだらはまりにはまったというわけです。

この本は茶道がどうこうではなく、25年以上もお茶を続けて来た筆者が、
過去を振り返り、気づけばどんなときも、茶道が、その心が、傍にあったこと、
茶道を通して自分が学び得てきたものが本当に心地よく綴られています。
やっぱり皆がいい!という本はまずは読んでみることですね。
この本はもっと早くに読んでいればよかった。
心がざわつくときに何度も読み返したい本です。

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

森下 典子 / 飛鳥新社


[PR]

by chocolat1515 | 2012-04-03 18:53 | 映画/本
2010年 12月 29日

Burlesque

f0231414_9261678.jpgひさびさの映画記。
ひさびさに映画館で見たから。
近頃忙しいのもあったけど、映画館で見たい映画はそれほどなかったかな。

Burlesqueはちょっぴりミュージカル映画。
田舎からでてきたクリスティーナ・アギレラ扮するアリが、
シェールが扮するテスが経営するBurlesqueというロスのクラブを舞台に、
活躍するサクセスストーリー。
ストーリーは想像の範囲内ですが、上記二人の歌唱力のすごさ、
ダンスのゴージャスさとその映像美、とっても見応えありました。

ちなみにアリに想いを寄せるバーテン役のキャム・ギガンデットが非常に男前。

これはDVDを購入したい映画です!
[PR]

by chocolat1515 | 2010-12-29 09:28 | 映画/本
2010年 09月 06日

SALT

f0231414_1241169.jpg公開すぐに見ようと思っていたソルト。
やっとこ観にいけました。

映画って、場所とか時間で意外と制限されますよね。
行きたい!行ける!という時には上映されていなかったり。
この問題を解決する方法はないものかといつもフンワリ考えている。

さておき、ソルト。
よくあるスパイ映画でしょ、という感じで観て、
まあたしかにそうなんですが、意外と楽しめました。
いわゆるドンデン返しが想定範囲内ですが、
単純な頭の私にはわかりやすくスッキリさせてくれて楽しめた。
にしても、アンジー姐さん、映画のなかとはいえ、どんどん強くなっていくなあ。。

いま、観にいきたい映画があんまりない。
何かオススメがあれば是非。
[PR]

by chocolat1515 | 2010-09-06 12:41 | 映画/本
2010年 08月 17日

INCEPTION

f0231414_22141799.jpgプーケット記に飽きたので、小休止。

インセプション観ました。

感想:難しかった。。

ある程度予習せずにあのストーリーがすんなりアタマに入る人はどれくらいいるのだろう。

最初はなんだかつながらない部分もあったけど、
途中から、展開がテンポよく進んで、映像のつくりも面白いので軽く引き込まれた。
ので、つまらない映画で私にありがちな「まだ終わらないのー?」はなかったかな。
クリストファー・ノーラン監督(代表作:ダークナイト・メメント)が作る世界観は好きなので、それなりには楽しめました。
まず、人の夢に侵入してアイディアを盗むという話の設定が興味深いですよね。

たいていの人は、
「あれってこういうこと?」「で、あれはどうなったの?」
と確かめたい部分が出てくると思うので、人と見に行ったほうがいい映画かも。
[PR]

by chocolat1515 | 2010-08-17 22:14 | 映画/本
2010年 07月 18日

踊る大捜査線THE MOVIE3

踊る大捜査線THE MOVIE3を見ました。
すっごくファンであるという意識はないけど、映画もドラマも全部見ていて、映画はテレビで何度も見ていて、
今回も勇んで映画見に行ったし、意外とファンなのかもしれない、と今気づきました。
んで、テーマ曲が流れるとSATCレベルでアドレナリンが出ます。

これまでの映画を見ていないと楽しめない内容でした。
ちょっと笑いを狙い過ぎ?とも思ったけど、やっぱり面白くてアメリカ人並みに映画館でゲラゲラ笑いましたよ。
ネタバレしちゃいけないけど、とにかく「ワンさん」が最高。

これまでの踊るが好きなら、ぜひ映画館で、かな。
にしても、複数の人に「告白」見ろ!と強く激しくすすめられる。
そんなにいいのかな。

にしても、公式HP、凝り過ぎていてみづらい・・・。
[PR]

by chocolat1515 | 2010-07-18 12:55 | 映画/本
2010年 06月 05日

SATC2を観ました。

昨日はSATC2の公開日。
どうしても公開日に観たくて、どうしても公開日に観たかった友達と観てきました。
f0231414_1003284.jpgただし、どの回も満員に近く、離れて座ることに。(どれだけ観たいねん)
夜遅めの時間だったけど、ネットの予約受付(2日前)に数席しか空いてなかった。すごい。

ネタばれしちゃいけないからストーリーの詳細は書けないけど、予想通り愉快でした!
相変わらずキャリーの言動にちょっぴり「いらっ」としちゃいましたが(笑)。

ちょいと衝撃だったのが、当たり前だけど4人がしっかり年を重ねていること。
まぁでも映画の世界とはいえ、あんなにパワフルに女性が女性のままで居ることができることは、元気づけられますね。日本ってまだまだ年齢を枠としてイメージ押し付けられちゃうから。
特に仕事してるときに感じるー。

今回映画をより楽しめたのは、会場が一体となって盛り上がったから。
映画がスタートすると、大拍手。キャリーが出て来ると「ひゅーひゅー」。
会場がクラブみたいになっていた。笑うツボもみな一緒だし。

ヒルズ(六本木)はどの映画も比較的、観客の反応が良く、アメリカっぽくて好き。
[PR]

by chocolat1515 | 2010-06-05 10:01 | 映画/本
2010年 04月 30日

New Sex and the City 2 trailer released

映画つながりで「Sex and the City 2」!
新しいtrailerがHPでリリースされています。
かなり見応えあり。エイダンが出てくるのね〜!

とすっかりハマッて公開を待ち望んでいる私。
私も私のまわりもドンピシャリターゲット。
仲良しの友達は全員、「見に行く!!」と鼻息をあらく待っていて、さて誰と見に行こう。
主人公たちに自己投影したいorできるからこんなに人気なのかな。

今回は4人も来日するみたいです。
VOGUE:『SATC2』の4人が日本にやってくる!

画像はNYで同じくSATC好きな親友に連れて行ってもらったHBOショップで購入したキーホルダー(笑)。
親友とおそろい♡
f0231414_8483664.jpg

[PR]

by chocolat1515 | 2010-04-30 08:49 | 映画/本
2010年 04月 29日

Precious

f0231414_2242159.jpg公開前から見に行こうと決めていたPreciousを見て来た。
ストーリーの内容はもちろん主役の新人女優の圧倒的な存在感がとても気になっていたのです。

すぐさま映画館で見て来て!という程ではないけれど、私は見てよかったかな。
月並みなコメントだけど、どんな環境でも希望は捨てちゃいけないんだな、人を信じることができなくなったら幸せにはなれないな、とあらためて感じることができたので。

80年代後半のNY・ハーレムが舞台で、性的虐待や家庭内暴力など壮絶な環境で育った主人公がある出会いをきっかけに希望を見いだしていくというストーリーです。
アカデミー賞は2部門受賞。

ストーリーとは関係ないのですが、驚いたのが、見ているあいだ「どっかで見たことある女優だな、誰だろう??」と気になっていたのがマライア・キャリーだったこと。ほぼスッピンでいい演技されていました。

現在映画館で見たい映画がいくつかあって、アリスもその一つなんですが(アバターより3Dとして見応えがあるとか)見ようと考えていた日、六本木ヒルズは既に満席に近くなっていて取れなかった。人気なのね。
[PR]

by chocolat1515 | 2010-04-29 22:46 | 映画/本