くいしんぼうの毎日 カリフォルニアと東京編

chocolat15.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 12日

頭痛×カイロプラクティック

酷くなる一方の頭痛を解消すべく、カイロプラクティックに通っています。
初めてのカイロプラクティック、私には効果的で色々発見や学びもあって楽しいです。

緊張性頭痛の方は是非カイロも検討してみては、という投稿です。
(もちろん、まずはお医者に行くことがおすすめですが)
自分が気にしているからかもしれませんが、
頭痛に悩んでいる人が多いという露出を最近よく目にするので。

私は頭痛とは長い付き合いで、10代の頃から偏頭痛に悩まされ、
仕事を始めてから(PCを長時間いじるようになってから)は
緊張性頭痛に悩まされる日々。
*緊張性頭痛とは(wiki

運動をしたり、お風呂に入ったり、一晩寝たら治っていた頭痛が10日以上も続いて、
「も、もしやこれは二次頭痛!?」と思い病院へ。
(二次頭痛は、くも膜下など、何かの病気が原因で起こっている頭痛、ちなみに偏頭痛や緊張性頭痛は一次頭痛)

「頭痛の原因を解明したかったらMRIです」
「痛みを止めたいなら痛み止めを出すまでです、
市販の痛み止めとそう変わりませんよ」とやる気のない医者にアッサリ言われ、
「いやいや、緊張性頭痛が自分ではもう解決できないレベルになったはず、MRIの前にまずカイロに行ってみよう」と思って通い始めたらとても調子がいいのです。

大抵の現代人は体に歪みがあるそうですが、
私は自覚できるレベルだったので、
「あ、やっぱりそんなに歪んでますか」という事実を目の当たりに。
最近足を引きずって歩くくらい足の長さが違ってきていたのです。
つまりは骨盤が斜めになっているわけです。
私は肩も腰も骨盤も全て右肩上がりでした。
ついでに流行の?ストレートネックです。

仕事をしていたときは、会社で最低9時間はPC、家でもPC、移動中はスマホ、
という「起きている時間=モニターを見ている時間」という生活だったのでその疲れが今になってどっと出たのかも。
視力は0.1ないレベルでソフトコンタクトレンズ、というもともと目が弱いのにそんな生活なもんだから、体が悲鳴をあげたのでしょう・・・。

やはり眼精疲労がひどく、目の疲れ→首の疲れ→背中の疲れ→腰の疲れと負の連鎖。
会社の座り続ける生活で一時は座骨神経痛になりかけ、
会議途中に座っていられなくなり、「すいません、ちょっと立って参加でいいですか・・・」というレベルにまで達していたので。

初診で一番驚いたのは、背中にあった黒ずみのこと。
ゴシゴシ洗っても取れなくて恥ずかしく思っていた黒ずみはなんと曲がった骨が背中の皮膚と擦れてできたものだったのです!
そりゃボディーソープでは取れませんわな。

寝方、歩き方、座り方、立ち方など「良い姿勢」をとことん身体にしみつけて
徹底的に身体を改善するぞ。
ヨガもいいかげん本格再開しないとだ。 おー!
[PR]

by chocolat1515 | 2012-04-12 09:32 | 日々のこと


<< 鼎泰豐(ディンタイフォン)@二子玉川      Felicelina (フェリ... >>