くいしんぼうの毎日 カリフォルニアと東京編

chocolat15.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 21日

アメリカで育児-12 出生届とパスポート(流れ)

アメリカは出生地主義をとっているため、
アメリカで産まれた赤ちゃんは自動的にアメリカ国籍を取得することになります。

日本はご存知の通り血統主義です。

日本国籍、日本のパスポートを取得するために必要なのは
アメリカで産まれたと証明となるBirth Certificateです。
これは病院が届けを出してくれます。
ちなみにのSSNの申請も病院がやってくれます。
これは合理的なアメリカのいいところですね。

細かい申請書類のことなどはさておき、流れを下記に。

1, 出産→病院の係の方が入院中にBirth CertificateとSSNの申請手続きを行ってくれます。
注;この時子供の名前が必要なので、あらかじめ名前を決めておく必要があります。
日本のように少し考える日数はありません。
アメリカの通常分娩での入院期間は1−2泊です。

Birth Certificateの取得に関しては代行してくれる業者がおり、
取得申請→自宅への郵送手続きを行ってくれますが、もちろん費用がかかります。
通常は発行所(Department of Public Health Office of Vital Records and Registration 
※この辺だとサンノゼ)に出向き、発行してもらいます。


2, Birth Certificateを取得すると、
アメリカのパスポート
日本国籍(出生届の提出)
が取得できます。

○アメリカのパスポートは、郵便局で
○日本国籍(出生届の提出)は、領事館(この辺だとサンフランシスコ領事館)で申請できます。

3, 出生届は一ヶ月ほどで日本の戸籍に反映されます。
反映されたら戸籍謄本を取得して、
日本のパスポート
が取得できます。パスポート申請から取得までは2週間くらいみておけばよかったかな。
詳しいことは領事館HPにて。。

で、戸籍謄本は日本でしか取得できないので、
日本にいる家族に送ってもらう必要があります。
(面倒ですよねぇ、どうにかならないものか)
私はちょうど良いタイミングで主人の日本出張があったので日本の役所で取得してきてもらいました。

書類の記入は細々と面倒なもの。
出産前にやっておくか、ご主人にやってもらいましょう〜。

日本の出生届、パスポートの申請に関する詳細は領事館ページに詳しく載っています。

おまけ;日本人夫婦からアメリカで産まれた子にミドルネームを付けるかどうかは親の意向によりますが、私たちは記念として付けました。
これをまんま日本の出生届にも書いちゃうと(記入欄があるので)、日本の正式名もそれになってしまいます。それでもいいけど、日本で生活するには不便なのでは?ということで、私のまわりで日本の出生届にミドルネームを反映させている方はあまりお見かけしません。
日本で生活することになったとき、正式な各種書類に名前を記入するときに書かねばなりませんから。(例;「田中 エリザベス 花子」みたいなことになりますね)

人気ブログランキング
にほんブログ村 サンフランシスコ・ベイエリア情報
[PR]

by chocolat1515 | 2013-10-21 07:42 | アメリカ:育児


<< 最近の日本食      りんご狩り@Gizdich R... >>