くいしんぼうの毎日 カリフォルニアと東京編

chocolat15.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 16日

一時帰国:飛行機(往路&国内)

もう既にアメリカへ戻る日が近づいて来ているのですが、飛行機の往路の様子など。

初めて乳児を連れて飛行機に乗るのは、どんなママも多少緊張しますよね。
私も経験者にあれこれ聞いたり、ネットで気になることを調べてみたり。

シリコンバレーエリア(サンフランシスコorサンノゼ)から日本(成田or関空)までは10時間半程。

私は、全日空のサンノゼー成田便、噂の787機で帰ってきました。
今のところ、日本人ママで乳児連れで日系航空会社以外で往復した友達は知らないです。
やはりサービス面で日系の方が安心できるからでしょうか。

大抵の航空会社(だと思う)、2歳までは席を取るか否かを選べます。
席を取ったら、大人運賃の7割。取らなかったら1割を支払います。
で、乳児が10kg以内であれば要事前予約で無料でバシネットを借りることができます。
席は前が壁になっている場所を同時に予約する必要があります。
バシネット、こんなの↓
f0231414_19453685.jpg
ちなみに787機だと前が壁になっている席は2列。
席が2-4-2で席が並んでいるから、最大バシネットは8個付けられるってことかな?
ちなみに真ん中席(4席)は座席と壁の間が左右2席より狭かったです。
私は毎回左右どちらかの席がいいな。窓側が壁みたいに感じられてプライベート感あるし。

これ、最初から付けてくれるわけではなく、離陸して暫くしてから付けてくれるんですよね。ので、飛行機に乗ってしばらくは膝の上。

その他、ベビーカーを貸し出してくれたり、離乳食の準備をしてくれたり、
などのサービスの詳細はホームページに載っています。
ANAファミリーらくのりサービス(国際線)

と、前置きが長くなりましたが、うちの子体験記。

10時間半、愚図ることはそうなかったのですが、興奮したのかあまり寝てくれず、主人と交代で膝に載せたり、私が床に座って(足下が広かった)座席に乗せたりして遊ばせたりして過ごしました。
寝た!と思ってバシネットに載せると、アメリカ平均でも大きめのうちの子には(6ヶ月で8.5kg)狭く感じたのか、嫌がりました。。
アメリカでは昼間の飛行でしたが、一度目の食事が終わると到着までずっと暗がりだったので、寝ている人も多く、愚図ったり大きな声を出すときは、機体一番後ろのCAさんがいる場所で抱っこしてあやしました。

というわけで、疲れた!!!とても。

仕事をしていない私は時間に制限もないし、座席を取らなくていい小さいうちに、
一時帰国を含み、あちこち飛行機で行きたいな〜と思っていましたが、
いや、疲れるので難しいな、と思いました。。

その後、時差ぼけもあって、しばらくは夜中に頻繁に起きますしね。

その他、機内の様子。

広めのトイレが一つ。オムツ替えはここで。
台を広げると、大人のトイレに被るので、ここに乗せて自分が用を足すのは難しい。
f0231414_19443873.jpg
f0231414_19444264.jpg
飲み物サービス、ママには蓋とストロー付き。
さすが細やかね。
f0231414_19453379.jpg
離着陸のときに、耳抜き対策で母乳を与えるのは皆が実践することかと思いますが、うちの子はいずれも寝ていたのでその必要はなかったです。

心配でオムツは10枚程持って入りましたが、使ったのは3枚程だったかな。
ウンチ漏れはなかったけど、着替えは持って行ってよかったです。
上空は寒いかと思って、フリース素材のつなぎを着せて行ったのですが、
気密性の高い787機だからか凄く温かくて、途中で薄着にさせました。
私も薄手のセーター一枚で十分でした。
ママの着替えも忘れずに!と色んな人に言われましたが、ミルクを吐かれることもなく、結果、必要なかったです。
玩具は新しいものを少し持って行きました。これは正解。
ちなみに機内でもらえたのはこちら。
クリームのサンプルももらいました。
f0231414_19473447.jpg

日本国内(羽田⇔伊丹)も飛行機を利用しましたが、
アメリカ便経験後の一時間にも満たないフライト、何ら心配することはありませんでしたー。国内線でもらった玩具はこちら。
f0231414_1944010.jpg
アメリカに戻るときは娘と二人。。
がんばります。
※エアポートサポート(大人1名で旅行され、かつ3歳以下のお子様を1名以上同伴される場合、空港でのご案内のお手伝いをいたします。)に申し込みました。

人気ブログランキング
にほんブログ村 サンフランシスコ・ベイエリア情報
[PR]

by chocolat1515 | 2013-11-16 19:59 | アメリカ:一時帰国


<< 一時帰国:帰ってきて&授乳室@東京      日本一時帰国 >>